まいにちのこと

主人と子供二人の四人家族毎日ドタバタ&ひっちゃかめっちゃかな日々をすごしています♪ オススメ商品や日々のことを綴ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カゴメ トマト鍋スープでたこタコづくしなトマト鍋作ってみました♪

カゴメ トマト鍋の海鮮スープのトマト鍋のもとを使ってカゴメさんのHPに掲載されていたご当地鍋レシピの中で子供が「これが食べたいっ!」っとリクエストしたたこタコづくしなトマト鍋を作ってみました

IMAG0865_convert_20121231142127.jpg

トマトは息子ちゃんの大好物。スーパーで何でも好きなものを買ってあげる、とばあばに言われたときミニトマトを持ってきた位。一方娘はトマトが大嫌い!一番嫌いな野菜はトマト。むしろ食べ物で一番嫌いなものがトマトな勢いです。トマト鍋も作り始めた2,3年前ほど前の最初の頃は嫌がっていたのですが、食べていくうちにトマト鍋はケチャップ同様平気なレベルに。酸味がある生のトマトが苦手なのよね。でもミートソースやオムライスは好きだから加熱して甘みとうまみが出ているものは大丈夫なのだと思います。

たこタコづくしなトマト鍋は、そんなトマトが苦手な娘からのリクエスト。
タコやウインナーだけじゃなくたこ焼きも鍋に入れちゃうのっ!?っとレシピを見ながらビックリ。
でも「おいしそう♪これなら食べたいかも。ママ、作ってよ」とのこと。

材料も作り方もとってもシンプルなので主婦としてはありがたい♪
材料を切って煮込む時間を含めても楽々余裕で作れちゃいます。たこタコづくしなトマト鍋レシピにじゃがいもを
3つプラスして作ってみました。トマト鍋にはじゃがいもは欠かせませんもん!

IMAG0868_convert_20121231142153.jpg

お鍋ができた時の子供達の喜び方ったら。
息子はスプーンとフォークを両手に持って「はやく!はやく!」っと急かすし、娘も「うーん美味しそう♪」っと良い反応。主人が「鍋にたこ焼きって・・・しかもトマト味・・・」っと一人唸っていましたが

海鮮スープのトマト鍋 鍋用スープ自身に味がしっかりついているのでつけだれいらず。そのまま食べて美味しい!酸っぱさがなくて甘くて甘みがちゃんと出ていて食べやすいです。
一袋に完熟トマト4個分の栄養と甘みがギュギュっと詰まっていて、あさり、帆立、エビ、カニのだしで更にお父さんたちも喜ぶ海鮮風味だから家族で美味しく食べれますね。

IMAG0873_convert_20121231142236.jpg

通常のカゴメ トマト鍋のスープよりも魚介の風味が感じられます。スープだけで飲んでみたのですがこういう味のスープアリだわ~。これは簡易版ブイヤベースちっくな味ですね。

実際に食べてみると、あらあらトマトとタコって合いますね~!ソーセージやキャベツ、じゃがいも、たまねぎは美味しいだろうなと思ったのですがタコもおいしい。今度タコもトマト煮込みにしてみようかしら?
意外なたこ焼きも恐る恐る食べてみましたが・・・あ、結構イケる。冷凍たこ焼きをチンして入れたのですが、揚げたこ焼きを入れてもカリカリとジュワーって感じが両立されていいかも。
子供達にはたこ焼きが一番人気でした。次はジャガイモ。
たっぷり野菜も食べれたし、カゴメ トマト鍋のリコピンパワーで風邪予防もできそうです。
締めはオムライス、スープパスタ、リゾットなど色々アレンジもできそうだし、何にしようかな?
お餅を入れても美味しそうですよね!
トマトと具材の旨みがたっぷり染み出たスープを使ってカレーを作るのも良さそう。

今度は甘熟トマト鍋スープであさりと豚のwの旨みを感じられるトマト鍋を作ってみようかな?と思ってます。

Amaze(アメイズ)さんでは2013年冬の特別プレゼントキャンペーンプランを実施中!

①子どもも大好きお肉と「甘熟トマト鍋」コース
②豪華海の幸3点とワイン、「海鮮スープとトマト鍋」コースの2コースから豪華なお鍋セットが抽選で当たっちゃいます。Wチャンスでカゴメのトマト鍋のスープ2種セットも100名様に当たっちゃうからトマト鍋好きは見逃せませんよっ!

カゴメのモニターに参加中
スポンサーサイト

Comments

Trackbacks

トラックバック URL
PR
© 2017 まいにちのこと All Rights Reserved.
Template by Template hacca*days
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
登録バナー
メールフォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。